アミューズメントメディア総合学院(AMG)の評判!悪評あるけど卒業後プロ声優になれる?

声優学校のアミューズメントメディア総合学院(AMG)は、テレビCMで見かけることもありますし、気になりますよね?

声優学校のアミューズメントメディア総合学院(AMG)は、声優の学校に行くなら一押しできます。

その理由は、学生の待遇(チャンス)が段違いだからです!

声優の学校に行くならアミューズメントメディア総合学院がおすすめの理由について、詳しく紹介します!

面接のときに「資料請求をしましたか?」という質問をされたときに「いいえ…」と答えたくないですよね?

自信を持って「はい!」と答えるためにも事前に資料請求をして、内容を確認しておきましょうね!

→公式サイトでアミューズメントメディア総合学院の資料を申し込むにはこちら

 

Contents

アミューズメントメディア総合学院(AMG)が高い事務所所属率を誇るのはチャンスが多いから!

アミューズメントメディア総合学院の卒業生は事務所所属をする確率が高いと言われています。

もちろん、アミューズメントメディア総合学院(AMG)の声優学科がしっかりしたカリキュラムと指導を行っているために、しっかりと実力をつけることができる、というのもあります。

ですが、実力があればだれでも声優になれるわけではありません。

実力をしっかりと事務所の人に認めてもらわなければいけません。

そうしなければ、事務所に所属して声優になることはできないんです。

 

事務所の人に実力を見せるためには、オーディションに参加しなければいけませんよね?

そのオーディションのチャンスが、アミューズメントメディア総合学院(AMG)の生徒はとても多いんです!

なんと最高で70以上のオーディションを受けることができるというのですから、当然、チャンスの少ない声優の卵よりも事務所に所属できる可能性は高まります。

 

だって、卒業の時に数社のオーディションを受けるだけや、養成所に通っていてその事務所のオーディションしか受けない、という人よりも、たくさんオーディションに参加している人の方が、事務所所属できそうですよね?

たくさんのチャンスがある!というのが、アミューズメントメディア総合学院(AMG)をおすすめする理由です!

 

アミューズメントメディア総合学院(AMG)では企画盛りだくさんでチャンスが多い!!

アミューズメントメディア総合学院ではいろんな企画やコラボが開催されているので、ちょっと他の学校に通っていてはできないような経験ができちゃうかも!

そういった経験で差がつくんですよね~!!

これもそんな企画のひとつみたいです!!

いろんな事務所所属の人がいますけど「AMG卒業生」っていうくくりでくくられるのってすごくないですか??

 

〇〇事務所の○○さん、っていう肩書だけじゃなくて「AMG卒業の〇〇さん」っていう肩書ももらえるなら、将来声優として売り出すポイントが二つになるわけですから、持っておいて損は無いですよね!

 

アミューズメントメディア総合学院(AMG)といえばCMにも出ている柿原さん!男性の方が有利?

アミューズメントメディア総合学院(AMG)を卒業して活躍している声優さんと言えば、テレビCMにも出ている柿原さんを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

柿原さんといえば、FAIRY TAILのナツ役、弱虫ペダルの東堂尽八役など、人気キャラクターを多く演じていますよね。

他にも第一線で活躍している声優さんは男性の方が若干多い印象です。

 

ですがこれは、昨今のタレント声優ブームを考えると、女性の方が長く人気でいるのが難しいという背景が関係していそうです。

「アミューズメントメディア総合学院は男性の方が強いから他の専門学校に行こう」

などと考えるのはもったいないです。

なぜなら、男性が強い弱い以前に、チャンスが少ない学校に行くことは可能性を狭めてしまうからです。

 

なので一番おすすめなのは、チャンスが多いアミューズメントメディア総合学院(AMG)の声優学科に通いながら、長く活躍できるようにナレーションや外画などの実力も身につけておくということです!

 

アミューズメントメディア総合学院の講師は一流声優!

声優としての実力をしっかり身につけるなら、講師となる声優の実力も重要ですよね?

一流としての技術を身につけるなら、一流の人から技術やスキルを学ぶ必要があります。

 

アミューズメントメディア総合学院の講師はみんなしっかりと実力のある、第一線で活躍されている声優の方たちなので、講師や授業のレベルについては、申し分ないと言えるでしょう!

 

アミューズメントメディア総合学院(AMG)の講師

  • 優希 比呂(フリー)
  • 松井 菜桜子(アップアンドアップス所属)
  • 向井 真理子(81プロデュース所属)
  • 西原 久美子(青ニプロダクション所属)
  • 滝沢 久美子(81プロデュース所属)
  • 滝沢 ロコ(ぷろだくしょんバオバブ所属)
  • 鈴木 清信(81プロデュース所属)
  • 吉野 記代子(フリー)

声優レッスン以外に、ダンスなどについても一流の方が揃っていますね!

 

アミューズメントメディア総合学院の声優学科は通い方が選べる!

アミューズメントメディア総合学院で声優になるには「声優学科」への入学をすることになります。

ですがこの声優学科は、自状況に応じて通い方が選べます。

ステップアップシステム

ステップアップシステムとは…
未経験者から経験者まで、ご自分のレベルに合ったコースで学んでいただけます。
半年制(マスターコースのみ1 年制)/週1 ~ 3 日まで選べる授業は、夜間・日曜に開催。
ライフスタイルに合わせて、着実に技術を身につける事が出来ます。
入学時のコースは実力判定オーディションで決まります。

公式サイトより引用:http://www.amgakuin.co.jp/contents/voice/faculty-senka.html

 

    • 全日制で2年間通うコース
    • 夜間、日曜に通うコース

高校卒業後の進路として考えているなら、全日制で2年間通うことができます。

高校に通いながら、または、他の専門学校に通いながらということなら、夜間や日曜コースを選択することができます。

 

「夜間や日曜コースだと、全日制よりも長く通わないきゃいけないの?」

と思うかもしれませんね。

ですがこちらは1年・1年半・2年から選ぶことができるので、他の専門学校などに通いながらでも通いやすいですよね!

 

アミューズメントメディア総合学院(AMG)声優学科のカリキュラムは?

アミューズメントメディア総合学院の声優学科のカリキュラムは、全日制ではしっかり基礎から勉強できる内容になっていて、以下のようなレッスンがあります。

  • 発声
  • 滑舌
  • 演技
  • ヴォーカル
  • ダンス
  • ディレクター特別講義
  • オーディションガイダンス
  • スタジオレッスン

発声練習や滑舌など基礎的な技術が身に着けられるのは当然のこととして、ディレクター特別講義・オーディションガイダンス・スタジオレッスンなどについては、アミューズメントメディア総合学院(AMG)の声優学科独自のカリキュラムと言えますよね。

これが事務所所属声優を多数輩出することにつながっているのかもしれませんね!

 

声優になるのに座学は必要?

これから声優になるための勉強を始める人にとっては「声優になるためには実力をつけることが一番!」と思う人もいるかもしれません。

「オーディションだって、実力があれば合格できるはず!」

そう考えてしまいますよね。

 

ですが実際には、実力以外の要素が多く絡んでいるんです。

そのように、オーディションに合格するための情報を教えてもらい対策を立てるためにも、座学は必要です。

 

また、実力だけで声優になれるのではないということは、「声優というのもひとつの職業だ」ということを考えてもらえればわかるはずです。

 

想像してみてください。

あなたがアニメを作る監督だったとします。

自分ひとりで声優さんの起用を決めるわけではありませんが、あなたには声優さんを決めるための1票の権利があります。

すごく実力はあるけれども、髪の毛はボサボサ、いつも鋭い目つきをしていて挨拶もしない、という人と、

実力は今一つだけれども下手ではなくて、しかもいつもにこやかな空気をまとっている人。どちらに1票を入れますか?

 

正直、お芝居に正解はありませんから、ある程度よりも演技力が付けば、あとは演出だったり好みの要素も大きく影響します。

それ以外にも、仕事として決められた時間内に瞬発的にバリエーションのある表現をする瞬発力が求められることもあります。

 

声優は、実際に人と人とが同じ場所に行って仕事をします。

それならば「一緒に仕事をしたい!」と思う人と仕事をしたいですよね。

 

実力がない、演技が下手というのは論外ですが、「一緒に良いものを作っていこう!」というときに、何よりも優先されるべきは実力だけとは限らないんです。

 

何が言いたいか?

つまり、演技が下手なのは論外だとしても、実力だけで声優にはなれないということです。

 

そのため、実力をつけるための実習のほかに、座学やマナーなど、演技以外のことを学ぶことも重要なんです!

 

アミューズメントメディア総合学院(AMG)は演技経験者なら飛び級もある!?

アミューズメントメディア総合学院の声優学科のレッスンは、基礎からしっかり学ぶことができるカリキュラムになっています。

ですが、声優を目指している人は「中学生の時からダブルスクールで基礎を学んでいる」といった人もいますよね。

そういう方は、アミューズメントメディア総合学院の入学試験のときに、飛び級で入学になることもあるようです。

 

もし入学の時に飛び級で上級クラスからのレッスン開始となれば、最短1年で事務所所属になれる可能性もあります。

最近の女性声優は若くして活躍される方も多いですから、実力に自信があるという方は受けてみても良いですね。

 

アミューズメントメディア総合学院(AMG)声優学科の費用・学費はいくら?

アミューズメントメディア総合学院、かなりカリキュラムも良いですし、卒業後の可能性も広がりますよね。

そうなると、気になるのはやはり学費、全体で卒業までにかかる費用です。

アミューズメントメディア総合学院声優学科の学費は、

  • 入学金 100,000円
  • 授業料 850,000円
  • 実習費 100,000円
  • 施設費 180,000円
  • ※その他教材費

で、合計123万円を超えるくらいになっています。

それ以外に教材費などがかかるとすると、卒業までに全体でかかる費用としては、他の専門学校に比べれば「少し高いかなー……」と思ってしまいますよね。

ですが、その後の進路や事務所への所属率の高さを考えれば、それほど高いとも言い切れないかもしれないですね。

せっかく100万円近くのお金と数年間という時間を支払って学ぶなら、料金ではなく、内容や将来の自分にとって一番有力な選択をしてください!

 

卒業までの費用や、学費・授業料については変更になっている可能性があります。

気になる方は公式サイトより資料請求をして、最新の情報を確かめてから検討してくださいね!

→公式サイトでアミューズメントメディア総合学院の資料を申し込むにはこちら

 

アミューズメントメディア総合学院(AMG)の中を見てみたい!体験と学園祭が◎

将来のことを考えると、アミューズメントメディア総合学院はかなり有力な選択肢のひとつですよね。

あとは、どんな先生がいるのか?どのくらいの広さなのか?実際の授業風景はどうなのか?

「アミューズメントメディア総合学院の中を見てみたい!」

と思いますよね?

アミューズメントメディア総合学院(AMG)では、体験レッスンや学園祭などで実際に学園の中に入ることができます!

 

体験レッスンではどんなことがわかるの?

体験レッスンでは実際のレッスンの風景を見ることができますし、雰囲気を体験することができます。

資料だけではわからない部分や「学院の人」ではなくて、実際にレッスンをしてくれる講師の方に合うことができる機会でもあります。

「どんな先生が教えてくれるのか?」

講師の方ご本人の実力やレッスン内容を自分の目で見れば、進路を納得して決定できますよね!

 

学院祭ではどんなことがわかるの?

「学院祭って、どうせ生徒の自己満足でしょ?わざわざ見に行く必要ある?」

と思う方もいるかもしれません。

 

確かに中学校や高校の学園祭、文化祭などは予算も限られていて生徒の思い出作りという側面を強く感じるかもしれません。

ですが、声優学校の学院祭というのは、実際に学んでいる生徒の実力がどうなっているのか?リアルなことを知れる場でもあります。

どのような人が集まっているのか?

通っている生徒に実力はついているのか?

そういった「実際にその学校で学んでいる人」を見ることで、「もし、自分もそこで学んでいたら……」という将来をイメージすることができます。

 

例えば、1年生の発表が微妙でも2年生の発表がうまければ、入学時にはそれほど実力が無くても、しっかり学んでいれば実力をつけていくことが可能と考えられます。

そういう「その学校に入学した自分」をイメージするためにも、学院の生徒たちと接することができる学院祭にはぜひ参加することをお勧めします!

 

学院祭は無料の予約制のようですので、いける人は早めに予約をしておくようにしましょう!

 

スタジオでのワークショップもおいしい!

アミューズメントメディア総合学院(AMG)は、スタジオがあり実際の収録がされていることもあり、ワークショップが開かれていることがあります。

「先生と生徒」という立場でなく、「実際の収録現場に入る」というのは、緊張感が全く違いますし、その分得られるものも大きいです。

 

そういったワークショップが行われているというのも、アミューズメントメディア総合学院の良いところです。

「現場が一番勉強になる」とか「現場が育てる」と言ったことはよく言われています。

アニメを見ていても、1話ではとても下手だった若手声優が、番組が終了するころには見違えるほど演技が上達している、というのを感じたことがあるのではないでしょうか?

それほど、現場というのは学ぶことが多くあります。

 

そうしたワークショップに参加できるのは大きなチャンスですから、ぜひ体験レッスンや説明会で詳しく確認してみることをお勧めします!

 

アミューズメントメディア総合学院(AMG)の評価・評判は?

アミューズメントメディア総合学院は、テレビCMやデビュー実績を見ても、気になりますよね。評価・評判を見ていきましょう!

 

アミューズメントメディア総合学院(AMG)の良い評判

まずはアミューズメントメディア総合学院の良い評判をご紹介します。

卒業生のプロダクション所属率が高いアミューズメントメディア総合学院、どのような良い評判があるのでしょうか?

 

AMGの場合は、近年だと毎年、卒業生の人が何人か、青二ジュニア所属や、81ジュニア所属などに、直接進んでいるのをよく見ますね。

AMGの生徒さんの場合、生徒のうちから、いろんな番組や作品に出演したりという人もかなり見ます。

実績面でも、声優アワードの新人賞関係や他の賞などで、AMG卒業生の人もかなり多く選ばれていますね。

AMGだと入る人のレベルが最初から高いです。

他の養成所か何かどこかでレッスンしてきた人が、再チャレンジ、あるいは、デビューチャンスを探して、AMGに来ている場合もあるでしょうから。

普通のレベルの人がAMGに入ったとしても、結局、中の競争についていけず、芽が出ずにオシマイという可能性もかなり高いという指摘は必要でしょうね。

AMGは、内部のランク分けがかなり厳しいですから。下のランクにいるままの人は、ちょっと大変なはずですよ。

他の芸能界関係でも声優関係も、厳しい所は厳しいですよ。

やはり直接所属率が高いアミューズメントメディア総合学院の評価は高めです。

声優になるなら、あまり時間をかけずに直接所属になりたいところですよね。

 

声優学校に通って、事務所の養成所に通って、と思うと、時間がかかってしまいます。

声優学校を選ぶなら、卒業後に直接所属できる可能性が高くあるアミューズメントメディア総合学院を選択肢に入れておくべきでしょう。

 

他にもこんな感想が見つかりました。

  • 厳しく指導してもらえるので本気でプロを目指す人に向いている
  • 卒業前にインターンシップや事務所所属のオーディションを受けられた
  • アニメの声優だけでなく、ラジオのパーソナリティやナレーションなどの幅広いカリキュラムが組まれている
  • プロの講師によるボイストレーニングもあり、歌唱力が上がる
  • レベルに合わせたコースを設定できるので無理なく実力をつけていける
  • 学生の時からプロの現場を体験できたので、卒業後の仕事でも気負いすることが少なかった
  • 授業を通して、お芝居に対する感覚が大きく変化した
  • 毎週レッスンで、プロの声優講師の方の話を聞くことができた
  • 声優として普段から気を付けておきたい事などをしっかり教えてもらえた
  • 体験説明会に行って、雰囲気が良く、講師の方が丁寧に接してくれた

たくさんの良い評判がありましたが、お伝えしたように授業のカリキュラムや講師の指導がしっかりしているというのは魅力的ですね。

受講している人は未経験者から経験者まで幅広くても、一人ひとりに合ったコースを選ぶことができるというのも、受講する側からすると安心です。

 

また、同じ志を持つ仲間がいるから切磋琢磨して成長できる、良い講師や仲間に巡り合えた、という意見もありました。

周りはライバルだけれども、それと同時に同じ夢を目指す仲間です。

そんな仲間と意見を出し合ったり、一緒に練習したりして、一緒に夢に向かって走ることができることも大切だと思います。

 

声優を目指す人の中にはプロとしてデビューするために必要なことを学べれば良い、と考える人もいると思いますが、周りの環境も大事ですよね。

人付き合いが苦手な人も、同じ目標を掲げる人ばかりなので、話題はたくさんあります。

少しずつ周りの人と話して、苦手を克服していくのも良いですね。

体験説明会の良い評判もありました。こちらも大切ですよね。

 

これから声優を目指し、アミューズメントメディア総合学院に入学しようとしている人に対して、雑な態度をとられたら誰だって嫌ですよね。

そういったこともなく、説明会の雰囲気が良かったと聞くと入学後も頑張っていけそう!と思いますよね。

アミューズメントメディア総合学院行こうか迷っている人は、体験説明会で様子を見ても良いかもしれませんね。

 

これだけ良い評判ばかりだと、悪いことは隠されているのでは、と逆に不安になる人もいますよね。

悪い評判についてもご紹介していきます。

 

アミューズメントメディア総合学院(AMG)の悪評は本当?

アミューズメントメディア総合学院に関する悪評も、デビュー実績と同じくらい気になってしまいますよね。

アミューズメント学院に関する悪評はどういったものがあるでしょうか?また、それは本当でしょうか?調べてみました!

 

AMGの声優デビュー実績が近年かなり多いのは、業界とのつながりが太いのと、内部での生徒のランク付けがすごく厳しくて、競争も激しいです。

AMGの場合は、声優事務所の付属養成所並みに厳しいと思ってもいいですよ。

実際、AMG卒業生の人は、卒業と同時にどっかの声優事務所の新人所属が決まる人も毎年けっこういますから。

 

普通のレベルの人がAMGに入ったとしても、結局、中の競争についていけず、芽が出ずにオシマイという可能性もかなり高いという指摘は必要でしょうね。

AMGは、内部のランク分けがかなり厳しいですから。

アミューズメントメディア総合学院(AMG)の悪評は、「かなり厳しい」という点が見つかりました。

デビュー実績については注目すべき点がありますから、内情ではレッスンや競争が厳しいということは、ある意味当然ということでしょう。

レッスンが厳しいからこそ、しっかりと身につく技術や、プロとしての意識もあるでしょう。

 

アミューズメントメディア総合学院の悪評は、華々しい成果を得るために必要不可欠な状況が言われているだけのようですね!

最終的には資料請求をし、見学をして自分の目で見て確かめてください!

 

他には以下のような評判も見つかりましたよ。

  • 講師に当たり外れがある。熱心でない講師、ただただ厳しいだけの講師もいるので、成長できるか講師によって差が出る
  • 内部のランク付けが激しいため、上位の人にはオーディションなど優遇されるが、下位の人は落ちていくばかり
  • 学費が高い
  • 授業数が少なく、時には半日しか授業がない日もあった

悪い評判は、良い評判に比べて少なかったです。

ですが、学費が高いのはどこの養成所や専門学校にも当てはまります。

 

アミューズメントメディア総合学院に入学するなら、学生さんは親御さんに学費について相談し、お互いが納得できる結論にしましょう。

社会人の方はご自身のお財布事情や時間を考慮して、無理のないように通うようにするのが良いです。

 

また、ランク付けが激しいのも競争率が高いから仕方がないとも考えられますよね。

なかなかランクが上がらないと辛いと思いますが、自分の特徴を把握し、積極的にアピールして授業に臨みましょう!

→公式サイトでアミューズメントメディア総合学院の資料を申し込むにはこちら

 

アミューズメントメディア総合学院(AMG)の資料請求はプロ声優を目指すなら必須!

アミューズメントメディア総合学院の声優学科を検討しているなら、資料請求をしないという選択肢はありませんよね。

万が一にも、資料請求をしないでオーディション・入学試験を受けるということの無いようにしてください!

 

なぜなら、逆の立場になって考えればわかるはずです。

100人の定員に、200人もの入学希望の応募があったとします。

「多くの人を不合格にしなければならない」という状況で

「学校の資料は読んでいません。良く知りませんが入学を希望します。」

という人を合格にしたいですか?

「学校の資料を読みました!身に着けたいと思うレッスン内容ばかりだったので入学したいです!」

という人の方が、合格しやすいと思いませんか?

 

実際に「資料請求はしましたか?」という質問があったこともあるようなので、資料請求をして内容を熟読することが、オーディション合格の第一歩だと思ってください。

前にも伝えましたが、「声優になるのに実力だけではダメ」なんです。

「私は実力で勝負したいの!」

という気持ちもよくわかりますが、しっかりと資料請求してからオーディションを受けるなど、審査員に愛される人になることも重要なことですよ!

→公式サイトでアミューズメントメディア総合学院の資料を申し込むにはこちら