声優専門学校の卒業後の末路!プロ声優になれる進路は?

声優学校卒業

声優専門学校を卒業したら、本当に声優になれるの?気になりますよね。声優専門学校を卒業した人はどのような進路にすすんで、どのような末路をたどっているのか?声優専門学校の卒業後のリアルな末路を見てみましょう。

 

声優専門学生の卒業後の進路は?

声優専門学校の卒業後の進路は、主に3つです。

 

声優専門学校の卒業後の進路

  • 声優になることをやめて、一般企業に就職する
  • 事務所に所属するために、事務所の付属養成所に入所する
  • 事務所に所属して声優として仕事を開始する

この3つですね。

ひとつずつ詳しく見てみましょう!

 

声優になることをやめて一般企業に就職する

これはそれほど説明しなくてもわかりますよね。

声優の専門学校にいても、一般企業への就職を卒業後の進路にする人はいます。

専門学校側では、声優になる進路だけでなく、こうした就職についても対策をしてくれるところもあります。

「自分の可能性に見切りがつけられるなら、就職しても良い」と思えるのであれば、就職についても相談できる学校を選んだ方が、卒業後の進路の幅は広がるとも考えられます。

 

事務所に所属するために、事務所の付属養成所に入所する

「声優になりたい!」と思っている人はたくさんいますから、それだけ声優の事務所に所属することも難しくなってきています。

できるだけ実力が無ければ養成所に入ることもできない……となれば、声優の専門学校に行きますよね。

 

つまり、声優専門学校の卒業後の進路として一番多いのは「養成所への入所」ということになります。

養成所では、専門学校生よりも事務所の人にアピールするチャンスが多くあるので、声優専門学校よりも事務所所属に近いと言えます。

個の進路であれば、声優としての道を進んでいると言えます。

 

事務所に所属して声優として仕事を開始する

「声優になるためには、通常、付属の養成所に通ってから所属する」といっても、直接の所属を全く受け入れないわけではない、という事務所も存在します。

そういった事務所への所属や、専門学校とパイプの太い事務所であれば、専門学校から卒業後に直接事務所に所属して仕事を開始する、という進路も無くは無いです。

一般公募の直接所属オーディションでしたら、どの声優専門学校に通っていても、学校に通っていない素人でも受けることはできます。

ですが、学校内に事務所の方を呼んでオーディションをしてくれる、という声優専門学校もありますから、そうしたチャンスがあるかによって、この進路の人が多く出るか、限りなく0人になるかは変わってきます。

 

声優専門学校の卒業生の体験談

実際に声優の専門学校を卒業した人はどのような進路をたどっているのでしょうか?体験談をご紹介しますね!

 

声優の専門学校を卒業して養成所に通いました!

声優の専門学校を卒業したあと、事務所の付属養成所に通う人は多くいました。

どこの養成所に進むかは人によってそれぞれでした。

  • 所属したいと思った事務所の養成所に通うことにした人
  • 自分の得意な役柄や仕事が多く入ってきそうな事務所の養成所に通うことにした人
  • とにかくできるだけ大手の事務所の養成所に通うことにした人

進む養成所の選び方は人によって、それぞれの考え方で養成所を選んでいました。

 

「自分はどの養成所に進むのが良いだろうか?」

といった相談が、講師として来てくださっているプロの声優の方にできるのは、声優専門学校のメリットだと感じました。

 

声優養成所にすすんだ人というのは、大学生が大学院に進んだようなもので

「今どんな感じ?」

といったやり取りで、専門学校の同じクラスの人と連絡したりもしていました。

 

養成所卒業の年になると、専門学校の同期卒業生同士で「○○は××に進んだらしい」「△△は就職したらしい」といった話が流れるようになります。

声優の養成所から預かり所属になる人は数名ですから、「専門学校卒業→声優養成所入所→預かり所属」というステップを順当に進めている人はほとんどいませんでした。

 

声優の専門学校を卒業して、事務所に所属しました!

声優の専門学校を卒業して事務所に所属した人もいます。

大きな事務所は専門学校を卒業したからといって、直接所属を受け入れているところは少ないですが、小さな事務所・まだできたばかりの事務所などは、所属タレントを増やしたいという思いもあるので、専門学校の卒業生が直接所属していくこともありました。

 

「事務所と一緒に成長していく」というようなイメージで、所属だからといって大手のようにたくさんの仕事が来るわけではありません。

ただし、事務所に仕事が来れば割と高い確率で現場に呼んでもらえることもあり、現場からたくさんのことが学べるというメリットもあります。

 

そのため、事務所を移ったり、事務所をやめてフリーで活動している、という人も少なくないです。

この辺りは、あとは世渡りの上手さや、関係づくりができるかどうかなど、演技力以外に「仕事を請け負うプロ」としての力が必要になってきている印象です。

また、フリーで活動している人は、アニメ以外の仕事についても「声のプロ」として仕事をしていました。

 

声優専門学校を卒業したからといって保証やつながりはない

声優専門学校を卒業したからといって、何かを保証されたり、繋がりによって仕事ができるようになる、ということはありません。

実力が必要なのはもちろんですが、仕事をしていくにはそうした繋がりや事務所に所属するなどが必要です。

 

「この学校なら自分は声優として実力が付くか?」

という考え方で学校を選択することも必要ですが、卒業した後に事務所に入ったり制作会社やスタジオから仕事がもらえたりするか?という、仕事をもらえるルートがあるか?という観点から学校を選ぶことも大切です!

 

事務所との連携に力を入れているオススメ専門学校

在学中に数多くのオーディションを受け、事務所所属になれたら最高ですよね。

オススメする「総合学園ヒューマンアカデミー」は全国に校舎があり、在学生全員が参加できるオーディションを年間350回以上開催しています。約1日に1回です。チャンスが広がりますよね!

大学や会社で働きながら通うことができる夜間・週末コースや卒業後に大学に編入できるコースもあり、様々な希望にこたえてくれる専門学校です。

お気軽に資料請求してみてくださいね。学校見学や体験授業も受けられますので、気になっている学生や社会人のみなさん!まずは資料請求ですよ。

総合学園ヒューマンアカデミーの資料請求はこちら

 

声優専門学校の卒業後の末路!プロ声優になれる進路は?まとめ

声優専門学校卒業後の末路についてご紹介しました。

声優になれる割合は多くはありませんから、専門学校を卒業したとしても厳しい現実が待っています。

 

とはいえ、「声の仕事をする」という観点でいえば仕事の幅は広がっています!

事務所に所属する、スタジオから仕事をもらえるようにする、インターネットを通した声のお仕事をしてみるなど、たくさんあります!

勉強したことは無駄になりませんから、興味があるなら声優を目指してみてくださいね!