声優は上下関係が厳しい体育会系なの?年齢と芸歴はどっちが大事?

お仕事をするうえで、先輩後輩などの上下関係は気になるところですよね。

声優業界の上下関係はどうなのでしょうか?

 

また、芸能人は年齢と芸歴だと、芸歴が上の人のほうが先輩というのは、よく聞きますよね!

声優業界でも同じようなことはあるのでしょうか?

 

これから声優を目指す身としては、そのあたりも気になってきますよね!

そこで、今回は声優業界の上下関係についてご紹介していきます!

私の実体験から、声優になるための情報をまとめましたよ!
→声優のなりかた、プロになるための養成所選びならこちらをチェック!

声優学校の進路を決めるためには、まずは情報が最重要!!
一括で声優専門学校の資料を請求する方法!→こちらをクリック

声優の上下関係は厳しいの?

社会に出たら上下関係を気にする場面がたくさん出てきますよね。

では、声優業界の上下関係はどうなのでしょうか?

 

声優業界が特別、上下関係が厳しいということはありません。

当然、お仕事ですので、先輩後輩関係なく、マナーや礼儀を守ることは大切です。

 

ですが、自分もほかの声優さんもお仕事をしているので社会人です。

できていないことがあれば、先輩などからできていないことを指摘されることはもちろんあります。

 

先輩からできていないところを指摘されるというのは何もおかしいことではありません。

お互い気持ちよくお仕事をするために、先輩がわざわざ教えてくれたり、これからのことを考えて注意してくれているのです。

 

生き残るのが厳しい声優業界の中で、わざわざ悪いところを指摘してくれるというのはいい先輩だとは思いませんか?

声優のお仕事は一人では成り立ちません。

 

そうやって気にかけてくれている人もいますし、自分の実力に興味を持っている人ももちろんいます。

上下関係は厳しくなくても、周りとの関係を良好に保つために、マナーや礼儀はしっかり守ってお仕事をするようにしましょう!

声優の上下関係は年齢ではなく芸歴!

芸人やアイドル、俳優などの上下関係は年齢ではなく芸歴というのは聞いたことありませんか?

年齢はAさんのほうが上なのに、Bさんの芸歴が長いからBさんのほうが先輩、なんてことは芸能界ではよくあります。

声優業界の上下関係はどうやって決まるのでしょうか?

 

声優業界は、芸歴で上下関係が決まります。

ですが、先にお伝えしたように、上下関係が厳しいわけではないので、年齢が近い人同士だと年齢や芸歴をあまり気にせずに接している人もいます。

 

また、芸歴が短くても、たくさんの作品に出演していたり、人気がある声優さんももちろんいます。

そういう人は、周りから一目置かれていたり…なんてこともありますよ!

仕事をするうえで挨拶は大切!

声優業界は上下関係が厳しくはないと知って安心しましたか?

だからといって、何をしてもいいわけではありませんよね。

 

上下関係が厳しくなくても、お仕事をするうえで人間関係は良好に保っていきたいですよね。

ですが、正直なところ、何をすればいいかわからない人も多いのではないでしょうか?

 

では、お仕事をするうえで、人間関係を良好に保つためには何をしたらいいのでしょうか?

それは「挨拶」です。

 

声優業界では、挨拶はとても大切なものと認識されています。

挨拶は基本中の基本ですが、それだけ大事なのです。

 

共演者だけでなく、監督や音響監督さん、クライアント、事務所のマネージャーやスタッフなど、声優が接することになるお仕事の相手は沢山います。

そんな人たちに挨拶をせずに、失礼な態度をとってしまうとどうでしょうか。

ひょっとしたら今後、お仕事のお話をもらえなくなってしまうかもしれません。

 

また、声優の現場は、アニメの1クールでも12回、一回あたりは3~5時間のケースが多く、36~60時間程度しか一緒に働く時間がありませんし、また毎回全員が揃うわけではありません。

さらに、人間関係ができている声優さん同士で話をしていたりなどもあるので、実は挨拶するタイミングが少なかったりします。

 

挨拶をするタイミングが少ないからこそ、タイミングを逃さないようにしなければなりません。

人間関係を良好に保つために、特別なことをする必要はありませんが、一緒にお仕事をする相手にはきちんと挨拶をし、敬意を払いましょう!

声優業界は体育会系?

声優業界の上下関係は厳しくないとご紹介しましたが、上下関係が全くないというわけではありません。

意外と知られていないのですが、声優業界は体育会系なのです。

 

そのため、挨拶をはじめ、礼儀やマナーが大切にされます。

お仕事で収録ブースに入るとき、必ず「はじめまして」の声優さんには挨拶は必須です。

 

「はじめまして」の声優さんには以下のように挨拶しましょう!

「はじめまして!××事務所の○○と申します!今回は共演出来て光栄です!今日は宜しくお願いいたします!」

 

挨拶は所属と自分の名前、「よろしくお願いします」というような簡単なもので大丈夫です。

忙しい人もいますので、自分の存在を知ってもらおうと長々と自己紹介するとかえって悪い印象を与えてしまうかもしれません。

 

また、声優さんの中には、「そこまで硬くなくていい」なんていうフランクな声優さんもいます。

そういってくれる人はともかく、初めて会う声優さんには、挨拶をすることをわすれないようにしましょう!

 

間違っても挨拶をせずに、悪い印象でほかの声優さんに顔を覚えられてしまう、なんてことはないようにしましょう。

体育会系なので、礼儀やマナーに気を付けて周りの方と接していきましょう!

 

また、挨拶は元気よくハキハキとしましょう。

それだけでも印象は変わりますよ!

声優は上下関係が厳しい体育会系なの?年齢と芸歴はどっちが大事?まとめ

声優業界の上下関係についてご紹介しました。

お仕事をするとなると声優業界に限らず、どんなところでも上下関係はあります。

 

そのため、声優業界が特別厳しいということはありません。

学生時代の部活やサークルや、会社で先輩や上司との上下関係を体験していれば苦になることはないでしょう。

 

部活やサークル、仕事でも、これから一緒に何かを活動していく、これから仕事でお世話になる相手には当然挨拶しますよね。

つまりはそういうことなのです!

 

声優業界でも、1つの作品に出演することになったら、共演者や監督など、当然かかわる人に挨拶します。

そのときに、相手に失礼のないように気を付けていればおそらく大丈夫でしょう。

 

上下関係を気にしすぎて萎縮してしまうとかえってよくありません。

お仕事で関わる人にはマナーを守って礼儀正しく、元気よく挨拶をするようにしましょう!

私の実体験から、声優になるための情報をまとめましたよ!
→声優のなりかた、プロになるための養成所選びならこちらをチェック!

声優学校の進路を決めるためには、まずは情報が最重要!!
一括で声優専門学校の資料を請求する方法!→こちらをクリック